• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

Poverty and hunger

東アフリカでは、48秒ごとに1人が飢餓で亡くなっています。openDemocracy.orgのギャレス・オーウェン氏は、世界を駆り立てる取り組みが緊急に必要であると述べています。 気候変動、COVID-19、ウクライナ戦争の複合的な影響は、世界的大惨事の兆候を示していますが、大部分の人々、特に、世界のリーダーたちは、そのことについて話しもしません。 わずか2年間で、深刻な食料不安に瀕している人々の数は1億3500万人から2億7600万人に倍増し、ほぼ5000万人が飢饉の危機に瀕しています。世界の食料品と燃料価格は、ウクライナでの紛争により高騰しています。 ウクライナは、ロシアとともに、ソマリア、イエメン、...
世界が地球上のすべての人間を養うのに十分な食料を生産していることに気付かなかった人はいるのでしょうか。一方、欧州連合の人口のほぼ2倍の人々が、毎晩空腹で床についています。 そして、最も裕福な国に住むすべての人間の20%が、購入した食料の約35%を無駄にし、ゴミとして捨てていることを知らなかったふりをしないでください。 貧困国での食料廃棄(はるかに少ない量ですが)はまた、貧困、武力紛争、汚職のせいですが、十分な貯蔵インフラも不足しています。 つまり、国連環境計画(UNEP)の食品廃棄物報告2021によると、毎年5億7000万トンの食品が家庭レベルで浪費されています。 この食品廃棄量は、...
世界の地政学的様相の大きな変化を認めることは重要ですが、何百万もの人々が、彼らが関与していない世界的な紛争の代償を払って飢えていることを忘れるべきではありません。 国際ニュースの見出しは主にウクライナでの戦争に焦点を当てていますが、世界中の多くの地域で感じられている戦争の酷い影響にはほとんど注意が払われていません。これらの余波について論じられた場合でも、ロシアのエネルギー源に大きく依存しているドイツやオーストリアなどのヨーロッパ諸国に不均衡な報道範囲が割り当てられています。 しかし、恐ろしいシナリオが、ドイツとは異なり、ロシアの原材料を最終的にどこからも代替することができないグローバル・サウスの国々を待っています。チュニジア...
COVID-19、世界的な不平等の拡大、ウクライナでの戦争による食料価格の高騰の衝撃により、2022年には25億人以上の人々が極度の貧困に陥る可能性があることを、新しいオックスファムの報告書が明らかにしました。 ワシントンDCでの世界銀行とIMFの春の会議に先立って発表された“First Crisis, Then Catastrophe”(「危機に続く大惨事」)は、今年末までに8億6000万人が極度の貧困(1日1.90ドル未満)で生活する可能性があることを示しています。これは世界的な飢餓に反映されています。栄養不足の人々の数は2022年に8億2700万人に達する可能性があります。 世界銀行は、...
アフガニスタンの人々は今日、「例を見ない規模」の食料不安と栄養失調の危機に直面している、と常駐・人道調整官は火曜日に言いました。 副特別代表を兼務するラミズ・アラクバロフは、 同国の深刻な飢餓が7月の1,400万人から3月には2,300万人に増加し、世帯が食料を食卓に出すために「窮余の策」に訴えることを余儀なくされたと述べました。 「容認できないトレードオフは、計り知れない苦しみを引き起こし、利用可能な食品の質、量、多様性を低下させ、子供たちの高度の消耗症、および女性、男性、子供たちの心身の健康に他の有害な影響をもたらしている」彼は説明しました。 「厳しい現実」...
国連は、スーダンでひどく飢えている人々の数は、収穫量の少なさ、経済危機、内戦、ロシアのウクライナ侵攻の結果として、9月までに2倍になる可能性があると警告しています。 世界食糧計画(WFP)と食糧農業機関は、共同声明の中で、現在援助を必要としている約900万人という数は、今後数か月で1,800万人以上に増加し極度の飢餓に直面する可能性があると述べました。 「スーダンのほとんどの人々にとって、食料へのアクセス、手頃な価格、入手可能性が縮小しているという懸念すべき兆候がすでに現れている。これにより、より多くの人々が貧困と飢餓に追い込まれている」と、エディ・ロウWFPスーダン事務所長は述べています。...
支援金がウクライナに投入されると同時に、高まるニーズにもかかわらず、国連機関はイエメン、アフガニスタン、南スーダン、エチオピアへの支援を削減することを余儀なくされています。 ロシアのウクライナ侵攻は、すでに縮小している外国援助の資金源に大きな圧力をかけています。 イエメン、アフガニスタン、南スーダン、エチオピアなど、最も差し迫った緊急事態が発生している国で活動している支援機関は、資金の使い方について難しい決定に直面しています。 最近のイエメンについてのコメントで、国連世界食糧計画(WFP)事務局長であるデイビッド・ビーズリー氏は、次のように述べています。 イエメン イエメンでのニーズは、7年間の戦争、...
Covid-19パンデミックは、開発の「悲劇的な逆転」を引き起こし、貧困国の債務を記録的レベルに押し上げたと、世界銀行グループ総裁は述べています。 デイビッド·マルパス世界銀行グループ総裁は、ウイルスが富裕国と貧困国の間の格差を広げ、発展を数年、一部の国の場合は10年遅らせたと警告しました。 マルパス氏は、2020年に70を超える低所得国の債務負担が過去最高の12%増の8,600億ドル(6,300億ポンド)に達したという新しい世界銀行の統計を発表し、債務圧力を緩和する包括的な計画を求め、非富裕者がワクチンを利用できるようにするよう求めました。 彼は、1つの特定の問題は、...
国連事務総長は、世界の最貧国との格差を広げるツイントラックの回復を回避するために、10兆ドル(7,360億ポンド)の資金注入を追加することにより、Covid-19パンデミックの影響の打撃を受けた労働者を保護する取り組みを強化するよう富裕国に呼びかけました。 アントニオ・グテーレス国連事務総長はニューヨークで講演し、過去1世紀に世界が直面した最も深刻な公衆衛生及び経済の危機は、既存の不平等を悪化させ、資源を分かち合うという富裕国によるより大きな決意なくして、「何億人もの人々の長期的な生活と健康」を脅かす方向へと進んでいると言いました。 富裕国と貧困国の格差は、ワクチンへのアクセスの違いと、...
多くの開発途上国では、2歳未満の子供のわずか3分の1しか健康的な成長に必要な栄養を与えられておらず、過去10年間で栄養の改善は進んでいません。 国連児童基金(UNICEF)は、水曜日に発表された報告書の中で、Covid-19から紛争や気候変動に至る危機の組み合わせにより、91ヵ国で子供の栄養摂取における進歩が妨げられたと述べました。 報告書によると、さまざまな発展途上国の6~23ヵ月の子供たちの半数は、最小数の毎日の食事を与えられておらず、最低要件を満たす多様な食事をとっている子供はさらに少数でした。 木曜日の国連の食料安全保障サミットに先立ち、UNICEF UKは、...
国連国際労働機関(ILO)の報告によると、今日、40億人以上の人々が危機から身を守るための福祉の保護を受けずに暮らしており、COVID-19の危機が政府支出を約30%押し上げていることを強調しています。 社会的セーフティネットを現在よりもはるかに広く拡大するよう各国に求める声を先導し、ILOのガイ・ライダー事務局長は、このような動きは、新たな課題に直面した労働者や企業を将来に備えるよう助けると主張しました。 「これは、パンデミックへの対応を利用して、新世代の権利に基づく社会的保護システムを構築するための極めて重要なときである」とライダー氏は述べています。 「これらは、将来人々への危機の衝撃を和らげ、...
小規模食料生産者、研究者、先住民の300以上のグローバル市民社会組織がオンラインで集まり(7月25~28日)、国連食料システムプレサミットに抗議します。  The People’s Counter-Mobilization to Transform Corporate Food Systems(企業の食料システムを変革するための人々の反対動員)は、ボイコットするために請願した科学者の同盟を含む、国連食料システムサミット(UNFSS)を拒否したものの中で最新の動きです。 The People’s Autonomous Response to the UNFSS(UNFSSに対する人々の自主的な対応)は、...
国連の新しい報告書によると、Covid-19のパンデミック中に、十分な食料がなかった人の数が急増し、世界のほぼ3分の1を占めました。 5つの国連機関によると、健康的な食事にアクセスできない人の数は、昨年3億2000万人増加し、23.7億人近くになりました。これは、過去5年間の増加を合わせた数を上回っています。 飢餓者の数は昨年約1億6100万人増加して811万人になりました。 5つの国連機関による報告 - 食糧農業機関;国際農業開発基金(IFAD);国連児童基金、ユニセフ;世界食糧計画;そして世界保健機関 - は、パンデミックが栄養に及ぼす影響はまだ割り出されているところだが、...
毎分11人が飢餓で死亡している可能性があり、現在COVID-19の死亡者数を上回っている、とオックスファムは警告しています。 新しいオックスファムの最新報告書によると、毎分11人もの人々が飢餓と栄養失調で亡くなっている可能性があります。これは、COVID-19の現在の世界的な死亡率である1分あたり約7人を上回っています。 報告書「The Hunger Virus Multiplies’」(飢餓ウイルスの増加)によると、パンデミック以来、紛争は依然として飢餓の主な原因であり、50万人以上が飢饉のような状況に追い込まれています。...
飢饉はすでに4ヵ国で起こっていますが、さらに何百万人もの人々が危険にさらされていると、国連世界食糧計画(WFP)は警告し、援助を必要とする人々に到達するための緊急の資金と人道的アクセスの必要性を強調しています。  国連WFPの最近の分析によると、43ヵ国で4100万人が「飢饉の瀬戸際」にありますが、これは2年前から2700万人の増加です。 プレスリリースによると、国連WFPチーフであるデイビッド・ビーズリー氏は、「2021年に我々が直面していることには胸が張り裂ける思いだ。現在、4ヵ国で飢饉のような状況が存在する」と執行理事会で述べました。 彼は状況を「悲劇的でしかない」と述べました。「これらは現実の人々だ」...