• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

Global governance

分かち合いのシステムは、不平等を広げ貧困や極貧状態のなかに家族を取り残す政策によってますます蝕まれつつあります。結果として現在人類は、何百万人という人々がグローバルな非常事態に直面し、さらに多くの人々が毎年不必要な死に遭遇し、さらに多くが生命を脅かす貧困や回避可能な苦難に苦しんでいます。この非常事態の構造的な原因への取り組みは世界経済の大々的改革を要求するでしょうが、その一方で、人間の生命を保護するための制度および機構は世界全体で既に整っているのです。 この報告書は、緊縮財政政策を撤廃し、貧困に関連した死を防止し、気候変動の人間への影響を緩和するために、毎年2兆2000億ドル以上を政府がどのように動員できるかを示します。しかし、...
キーポイント: 世界の国々における租税制度の強化は、国家が財源をさらに公平に分配し貧困者と弱者を保護するための最も実際的な方法として残ります。 現在世界の超富裕エリート層は、租税回避地に最高32兆ドルの個人的富を無税で保持しています。それは、発展途上諸国によって蓄積された富のおよそ3分の1です。 この行き過ぎた収入の損失は、租税問題における協力・透明性・説明責任へのより効果的な国際規則実施を通して著しく削減され得るでしょう。 グローバルな租税回避の全形態を廃止する最低限のステップとして、租税回避の取り締まりおよび企業の不正な貿易価格設定防止は、...
再びG8(カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、ロシア、イギリス、アメリカ)が年次サミットを開始しました。 今年は北ドイツの小さな海辺のリゾートであるハイリゲンダムで行われ、12 kmの有刺鉄線フェンスに囲まれ、ビデオカメラが設置されており、ドイツ全土からの18000人の警察、他のG8諸国からの1000人の兵士と動員数は不明な警備員が防御しています。 国家元首はヘリコプターで到着する予定です。 なぜドイツはG8会議をバリケードで囲んで、数千人と予想される抗議者からそれを保護する必要性を感じているのでしょうか?答えは、G8サミットの非常な不人気さににあります。これは、G8サミットが、...
スマトラ島沖地震が原因で起こった津波以降、世界の世論は変化しました。人々は被災地の人々の窮状に心を打たれ、アフリカなど世界の他の地域の貧困や不正について話し始めています。ブラント委員会報告書の推奨事項を再検討するときがきました。モハメッド·ソフィアン·メスバヒは書いています。 2004年12月26日の津波災害に対する世界の人々の反応は、心からの共感であり、困っている同胞を助けたいという本能的な願望であり、現在もそうであり続けます。これほど多くの国々から、これほど多くの人々がこれほど多くの援助を災害の犠牲者に与えたことはかつてありませんでした。世界の政府は、公衆の寛大さの驚くべき規模により、恥ずべきことに、...