• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

Agriculture

持続可能な開発目標 (SDGs)- その前向きで進歩的なレトリックにもかかわらず、それが私たちが分かち合う地球の限界内で万人の基本的ニーズを充足するための革新的アジェンダの要素を持つことはありません。この報告書は、経済的正義のために、何百万人もの一般の人々が結束し、継続する巨大な世界的デモンストレーションを通して基本的人権の普遍的実現を要求しない限り、「あらゆる形態」の貧困の終焉はないであろうことを主張しています。 コンテンツ はじめに パート1:富、権力、資源をより公平に分かち合う - あるいは業務平常通り? ボックス1:SDGsに対する市民社会の主な反論 限りある資源を持つ世界の中での公平な分配...
長年の政治的怠慢の後、すべての国での止むことのない壮大な抗議デモを通じて、一般の人々の結集した善意だけが、豊かな世界の中の貧困を終わらせることができるのです。したがって、すべての人の十分な食料、住居、医療、社会的保障のために、抵抗最小限の道を選び、長期に渡って合意されてきた世界人権宣言第25条の人権を共に布告しましょう。これが、資源を再分配し、世界経済を再構築するよう政府を駆り立てるための最も確かな道であると、モハメッド・ソフィアン・メスバヒは書いています。 「対立ではなく真の私たちの姿を特徴づける 善意と慈悲に基づいて、 何千万人という数でデモンストレーションを するべきときがきました。...
21世紀における人類にとっての主要な霊的レッスンは、富、技術、技能、そして知識のより公平な分かち合いが公正で平和な世界秩序の根本的基盤であるというこの明らかな真実を、国際関係の構造の中で実現することがこれまでどのように困難であったにしても、これ以上シンプルで緊急なものはあり得ないということです。アダム・パーソンズ2015年5月12日ほとんどの霊的、宗教的伝統における共通の主題は人類はひとつのいのち(ワン・ライフ)または意識の本質的部分であり、人間の生気(スピリット)または魂はその性質において本質的に神聖であるという事実です。この永永無窮の知恵は全てのいのちの相互関連性 ー ...
不平等が拡大し、国々が世界的な炭素排出を削減できずにいる現在、気候変動および経済的、社会的排除の根本原因である政府の政策を改革するために分かち合いの経済運動が動員しない限り、それにどのような将来があるのでしょうか?殆どの分かち合いの経済の活動が主に白人の中流階級を惹きつけることを証拠は暗示していますが、それは「排除されたコミュニティ」が、分かち合いの経済のサービスからもっと直接的に利益を得ることを、どのように保証するかについての重要な疑問を提起します。そしてこれらの懸念が分かち合いムーブメントの将来そのものの基盤を形成することが可能です:もし共同消費および分かち合いのためのプラットフォームが、...
分かち合いへの呼びかけが既に活動的市民と革新的な組織の(多くの場合認識されていないながらも)根本的要求であることを考慮すると、私たち皆を結束させるこの共通理念を受け入れない理由はありません。 これはレポート「私たちの共通目標としての分かち合い」のエグゼクティブ・サマリー(概要)の日本語版です。完全レポートは以下をクリックしてください:私たちの共通目標としての分かち合い エグゼクティブ・サマリー (概要)  全世界の政府がより公正で持続可能な未来への希望をもたらせないかたわら、何百万人ものキャンペーナーおよび活動家は世界危機の激化をなにもせずただ傍観していることを拒否します。いくつかの不吉な前兆があります:気候の混乱、...
21世紀の画期的なチャレンジに取り組むために、私たちはキリストの簡素なメッセージをかつてないほど心に留め、そして最終的には、世界の富と資源を万人の間でより公平に分かち合わねばならないでしょう。アダム・パーソンズ2015年1月8日キリスト教で分かち合うことの必要はイエスの教えの中心であり、新約聖書を通して主要なテーマです。ルカによると最初期のキリスト教徒は、彼らの所有物を分かち合うことによりイエスの教えの実践を試み、それによって貧困者が養われたのです。病人、貧困者、未亡人、そして社会の最も恵まれない人たちの世話をすることのイエスの教えを明確にする聖書からの多くの引用と寓話があります。ヘブライ人への最後の説教に書かれているように、...
STWRの創始者・モハメッド・ソフィアン・メスバヒは、現在進行中のこのエッセイ・シリーズにおいて、社会的、経済的、政治的な観点からだけでなく、霊的、心理的な観点からも分かち合いの意味と重要性を探求します。 全人類のためのベーシックインカムに向けて 国連の後援のもと組織立てられた、真に普遍的そして無条件のベーシックインカムが最終的に各国で実行可能でありながらも、これはまず最初に、世界資源のより公平な分かち合いに基づき飢餓と不必要な貧困を根絶するという目標への比類のない一般人の支持にかかっているのです。それが、ベーシックインカム政策がすべての人の根本的な人権を支持する唯一の道だと、モハメッド・ソフィアン・メスバヒは記します。...
過去2、3年間に渡って分かち合いの経済は、北アメリカ、西ヨーロッパ、そして世界の他の地域を通して迅速な発展を遂げました。緊急なグローバル問題の解決法として、現在多くの個人や団体が古来からの分かち合いの実践を開拓している一方で、多くの批評家が、急成長する様々な形態の分かち合いの運動の目標、意味、そして未来の方向性について問い始めています。 分かち合いの経済の現在の発展について、用心かつ楽観すべき両方の理由があります。断続する経済危機、そして崩壊する、負債に煽られた過度な消費モデルの結果特に、分かち合いの倫理は今後もますます必要不可欠となり一般化するだろうことを斬新的な政治的発展が暗示する一方で、...
地獄で人が餓死することはありませんが、 地球ではあります。 どうか彼らを死なせないで。 彼らの愛すべき魂に何ができるかを  私たちに見させてください。   * * * 危機が頂点に達しつつあるこの混沌の時代において、分かち合いの原理は人類の多方面における問題の解決策としてますます議論されています。多くの人々と組織が今、消費削減、資源保全、無駄防止、貧困対策などの観点から、社会が前進するひとつの道として分かち合いの重要性について話しています。しかし、最近の注目すべき進展の一つは、食べものに関連して分かち合うことの重要性についての会話です。これは、チャリティを通じての食料の分かち合い、...
前衛的ウエブサイトCo.Existに最近発表された意見記事は、繰り返されるべき重要な疑問を突きつけます:分かち合いの経済は世界飢餓を根絶できるのでしょうか? これは重要な疑問です。それは、飢餓問題が深刻だというだけでなく、− 記事が認識するように − グローバルな課題が、おおよそ常に地方に限定された、現在分かち合いの背後にあるアイデアの領域であることは稀です。分かち合いの経済を促進している僅かな数の思想家や実践家しか、国際的不平等、地政学的不安定、グローバル・ガバナンス、またはこの場合、世界飢餓などこの時代の最も差し迫ったチャレンジに、この多方面にわたったコンセプトを適応することを考慮していません。 これは、...
キーポイント: 先進国は農業セクターを支援するために毎年3740億ドルを支出しています。そしてその大部分は豊かな大規模農業者およびアグリビジネスが対象です。 先進国におけるアグリビジネス支援は、毎年消え続ける家族経営の小規模農家にとって経済的に破壊的影響を持ち得ます。 発展途上国の何百万人という小規模農家は、富裕国からの補助金を受けた安価な輸入農産物品と競争できず、農業の営みを諦めるかあるいは貧困の深みに嵌っていくかのどちらかです。 OECDの補助金が持続する生産および消費の産業モデルは環境破壊と過度の公害の原因であり世界炭素排出の割合の大部分を占めています。...